AVラック

ブログが買い物日記と化している今日この頃。昔は「買い物でストレス解消」みたいな話を呆れ半分で聞いていたものだが、最近は何となく理解できるような気がしてきている。

機器更新に際して通販サイトで出物を探していたら、AVラックのアウトレット品に遭遇した。おフランスはNorStoneなるメーカーのESSE140というなかなか小洒落たやつ。先代の大型TVを買った時に適当なジャンクスピーカーをTV台代わりに設置して以来、その内まともなラックにしないとなーとか思いつつそのままになっていたが、どうやらその時がやってきたと確信した。

絶版品の最終処分っぽい価格で、この手のAVラックとしてはかなり安いとは言ってもそこそこの値段するのも事実なので、念の為ネットオークションもチェックしてみた。縦積みのオーディオラックは結構出ているがオーディオ用を謳った横長のボードタイプとなると、値段もそうだが幅がまちまちで丁度良い寸法のものがあまりない。あれこれ検討した結果、結局ESSE140の購入を決断。

現物の到着後、重量が40kg近くあってとてもそのまま2階の自室には運べないので、玄関で開梱してバラのパーツを持って上がる。ぱっと見ゴツそうなスチールのフレーム部分は意外と軽い。重いのは強化ガラスの棚板×3枚。棚板は裏面が塗装してあって不透明だが、ガラスのツヤと相まって単純に透明なままにするより高級感を醸し出している気がする。

とか何とか言ってるうちにフレームの組み立て完了。棚板は耐荷重80kgのものが1枚と50kgが2枚の3段構成となるが、組立説明書によると80kgのを一番上に置くよう指示されている。自分が思うにこれは重量のあるアナログプレーヤーとかを置くことを想定した組立例であって、各段にどの棚板を使うかは配置したい機器の重量に合わせればいいんじゃないかと思う。上段に置くのはTV1台で中段はセンタースピーカーその他、下段がアンプ類、レコーダー等と機器の設置場所としてはメインになるから、どう考えても荷重の大きい下段の方に丈夫な棚板を置くべきだろう。

機器も設置して、更新前→更新後はこの通り。TVを一人で上げ下ろしするのは結構大変だった。まあしかし、(自分的には)いい値段しただけあって見栄えが大分良くなって満足感は高い。

f:id:walkbot:20220101094353j:plain f:id:walkbot:20220101094444j:plain

 



 

AVシステム更新

korg NU1の導入が残念ながら失敗に終わったので、色々考え直している内にAVシステムを一新することになってしまった。

まずDACkorg NU1からMusician Pegasus R2R DACに。中華製品については全く分からんがR2R方式というのが最近評判がいいようなので、その辺から選んでみた。

そしてドルビーアトモス環境を整えるため、AVアンプをマランツSR6008からデノンAVR-X4500Hに。ちょっと前まではもう1ランク上の機種にしようと目論んでいたのだが、音楽の再生は外部DACが担当するのにわざわざ高い機械を買う必要もないと思い直した次第。デノンになったのはたまたまこっちのが安かったから。これでようやく現状の4K規格に対応できたので、レコーダーの接続をAVアンプに集約できるわ。

アトモス用スピーカーの方はと言うと、5ch分をMonitor AudioのBronzeシリーズで揃えたので素直に同シリーズにすればいいのに、なんか最近日本に売り込みをかけているPOLK Audioというメーカーが値段の割に音質が良いと評判なので、とりあえずBronzeと同価格帯なら問題ないだろうとR900というやつにした。

f:id:walkbot:20220101093430j:plain最後にパワーアンプ。サラウンドに対応できるようにと思い切って7ch出力を備えたマランツMM8077を1年ほど使ってきたが、性能はともかく図体のでかさからくる圧迫感にいまいち馴染めなくて勿体ないとは思いつつ売却。

代わりにclassDアンプでかなり評判の良いNuPrimeのAMG STAとSTA-9を導入。全てを外部パワーアンプで賄う必要もなかろうということで4ch分とした。まあこれ以上増やすと金もかかるし、せっかくスペースに余裕を持たせたのが元の木阿弥になってしまうというのもある。

2台のうち上位機種であるAMG STAは当然フロント担当。STA-9は様子を見ながらアトモスかサラウンドのどっちかに割り当てよう。

 

キーボード更新

ロジクールのワイヤレスキーボードK340の一部のキーが押しても戻らなくなってきた。基部のゴム部品の劣化っぽい。修理とかできるのだろうかと検索したものの、使用頻度の低いキーと部品を取り替えるという一時しのぎ的な方法しかないみたいなので、素直に買い替えることにした。

K340は省スペース型で矢印キーがちょっと押しづらい配置だったのでフルサイズ型にするかどうか迷ったが、後継機であるK360rのレイアウトを確認してみるとK340よりは多少ゆとりを持った配置になっていて改良の跡が見られる。このキーボードの大きさに慣れてしまっているという事もあり、これなら現状より使いづらいという事もなさそうなので、購入決定。

f:id:walkbot:20211128160948j:plain

とりあえず新旧機種を並べて記念撮影。上がK340で下がK360r。360はキーの間に隙間があるのとキー表面に凹みが無く平らになっているという違いのせいか、ちょっと打ちにくい感じがしないでもない。あと、メディアコントロールキーが追加されているけど、fnキーも含めてこの手のキーって使ったことないんだよな。

まあ特にタイピングしまくるわけでもないので、多少の違和感は気にしないことにする。

KORG NU1購入

昨年買ったKORG DS-DAC-10Rを特に不満もなく使いつつも、高級機のNU1もちょっと気になっていた。まあ定価で40何万もするから指をくわえて見ているだけだったが、中古価格を調べると半額以下になっていて、無理すれば買えないこともない状況に心がぐらついてきた。

しかし去年からAV機器を次々と更新しているので、少なくとも今年中はあまり大きな出費はしたくない。あと物を増やす前に、使わずに死蔵している趣味関係のものをいい加減処分したいところではある。という事はその辺りの売却益を購入代金に充てるならオッケーだなと考え、せっせとオークションなんかに出した結果、CD約70枚とタブレットやらなんやらがNU1に化けたのであった。

f:id:walkbot:20211105001841j:plain

置く場所が決まってないので、とりあえずAVアンプの上に仮設置もそこそこに音出ししてみる。おお、何か今までのDACと違うぬるっとした音でちょっと面白い。と、そこまでは良かったが、foobar2000で色々な曲を聴こうとスキップしたり、再生、停止ボタンを押したりするとその度にカチカチとスイッチ音が響いてやたらうるさい。

どうもこういう操作や音楽ファイルのサンプリングレートが変わって信号に途切れが出るとこのスイッチが動作するらしい。こういう訳の分からない事があると嫌なので事前に出来る限りレビュー記事を確認したのだが、全然書いてなかったので騙された気分になってしまった。

その後の調べで、このカチカチがミュート回路に切り替えるリレー音で、NU1に限らず他メーカーのお高いDACでもよくある問題だという事が分かった。「なんで高音質を狙って取り入れたパーツが騒音を出すんだ」という愚痴があちこちに転がっていて、自分も同意せざるを得ないところだ。まあ何となく理由が分かったところで対処の方法はというと、foobar2000だとサンプリングレートを一定の値に変換する位しかなかった。これで、ファイルの変わり目でのリレー音は抑えられるものの、スキップ、ボタン操作時は相変わらずカチカチ鳴るので、なるべく操作を控えるという方向でやり過ごすしかないのかなーと思っていたが、KORGの純正ソフトAudioGateをまだ試してないことに気が付いた。

こいつは要らん遠回りをしたかなとAudioGateで再生してみたら、今までうるさかったのが嘘のように静かになった。さすがに自分のとこで出したソフトはちゃんと対応してるか。このソフト、プレイヤーとしては最低限の機能しかないので常用する気がしなかったんだけど、NU1をまともに動作させられるのが他にないんじゃこれを使うしかないってことだな。

 

12/14追記

一か月ちょっと使ってみたものの、やはりAudioGateは全体的に動作が重く、大量の曲データを扱うにはどうにも使い勝手が悪い。NU1本体の方は問題といって良いのかどうか分からないが電源を入れっ放しだとかなり熱くなり、使わない時は無駄に電源を入れないようにという使い方になってしまう。これだと音質が良くても以前に比べて気軽に音楽をかけられない状況で、どうも面白くなくなってきた。

ちょっと気が早いような感じもするが、こういうのはだらだらと手元に置いておいてもあまり良いことがないので、それなりの価値を持っているうちに手放すことにした。残念ながら自分にはあまり高級機路線は向いてないのかも知れない。

PCケース

f:id:walkbot:20211104235613j:plain

今のPCケースは10年以上は使ってるかと思うが、静音ファンとか使って多少の騒音対策はしているもののケース自体は風通しの方を重視していて開口が多く、動作音がだだ洩れで結構耳障りだ。PCとはうるさいものだと思って長年我慢していたが段々耐えられなくなってきて、今時だと遮音性の高いケースがあるんではないかと思いパーツ屋に行ってみた。

店であれこれ物色してはみたが、結局店員のおすすめに従いfractal designのdefine 7というやつを購入。背面と底面以外の外板に産業用の遮音板が貼り付けてあってなかなか効果が高そうだが、やたら重たい。電源も容量に余裕がある方がファンの動作が少なくなるみたいなので750Wのやつを併せて購入。も一つついでに外付け電源スイッチも。4Kディスプレイにしてからグラフィックボードが完全に能力不足になっていて、これもそろそろ更新したいところなのだが、今はかなり相場が高くて時期が悪いので今回は見送り。

今のPCケースよりサイズが大きいのは承知して買ったわけだが実際比べてみると一回り半位でかい感じ。現ケースでは前面パネルの角の部分が曲面になってるのに対して、define 7は直線で構成されててほぼ直方体になっているのもでかく感じる一因か。そしてこれも分かっていたことだが、困ったことに今の設置場所であるスチールラックだと高さが足りない。二段しかない低めのラックで外付け機器やらも色々置いていて手狭になってきていたので、もうちょっと高さのあるワイヤーラックに買い替えることに。学生時代に買ってから30年ぐらい使ってきたダサいラックだったが、これでお役御免となるとちと寂しい気もする。

f:id:walkbot:20211104235911j:plain f:id:walkbot:20211104235901j:plain

それはさておき、新ケースにPCの中身を移動。ケースのガワは簡単に外せるので天板まで外したフレーム状態にしての作業になった。ケーブル、ストレージはMBのある空間の裏とか下とかに配置するので、いかにも空気の流れが良さそう。光学ディスクドライブ用のスロットはあるが前面パネルを一々開けて使うという仕様になっており、どうせ今も外付けドライブしか使ってないから今回は付けないことにした。

完成したPCを起動させてみると、さすがに無音とはいかないが1ランク静かになった感がある。しかしCPUクーラーのファンだけが妙に甲高い風切り音を発しているのが気になる。BIOSで回転数を制御しているはずだが効いてるのか効いてないのかよく分からないので、ファンコントローラでも付けて無理矢理回転数を落とすしかなさそう。

まあ所期の目的は大体達成できたと思うが、その結果元々うるさかった外付けHDDケースの排気音が却って強調されてしまった。こいつもなんとかしないと室内全体の環境改善はまだ遠いな。

LEDフラッシュライト

20年位前に買ったLEDフラッシュライト(今時は懐中電灯という言い方はしないんだね)を長年使ってきたが、発光部より先にスイッチがへこんでオンオフがし難くなってきたので買い替えることにした。遠出をした際に懐中電灯が入用になり通りすがりの家電屋で適当に選んで買ったものでメーカーとか全く気にしてなかったが、この機に今更ながら調べてみるとLEDLENSERって有名なメーカーだったのね。ボディがアルミ系の金属製で高級感あるなーとは思ってたけど。

結構良いものだと知るとまた同じメーカーにしたくなるもので、現行製品をチェックしてみたところ実売価格と性能のバランスで考えるとP7というタイプが良さげで、実際売れ筋商品のようだ。丁度アマゾンのプライムデーで安くなっていることもあってこれに決定しかけたが、同じくらいの光量でTTというタイプも悪くない。比較すると、下記のような感じ。 

  P7 光量(lm) 450/250/40 使用時間(h) 1/2/25 電池 単4×4

  TT        - /280/25        -/3/25    単4×3

P7はハイパワー出力で450lmまで出せるが使用時間が短い。標準出力で比べてもTTの電池消費量はP7の半分だ。光量は200lm以上あれば十分なので(ちなみに今まで使ってたフラッシュライトは22lmらしい)、P7のハイパワー出力は自分的にはオーバースペックと言える。ただ、定価はP7の方が高いにもかかわらず、実売価格では割引率の差で逆転してP7の方が1000円以上安くなっているので、どっちにするかかなり悩んだ。

最終的に省サイズ+省電力の優位を取ってTTを購入することにした。まあランニングコストが半分といっても使用頻度は少ないので、価格差を吸収する日は来ないかもしれない。

 

ところで普段持ち歩くキーホルダーにも小型のLEDライトを付けており、明かりが必要な時に重宝していたものの、光量が少なく足元を照らす時は少々心許なかった。今回LEDLENSERの製品を物色する中でキーホルダー用のライトもいくつかあったので、ついでに更新しようとK2というタイプを併せて注文。出力が20lmと、壊れたフラッシュライトと遜色ない明るさなのが驚きだ。

とりあえず現物が届くのを楽しみに待つことにする。

 

保存用HDD

スキャンした漫画のBMPデータを保存したHDD2台、2TBと3TBが大分埋まってきたのでファイル整理も兼ねて6TBのHDDに移し替えることに。2TBの方は電書化を始めた10年位前に買った外付けタイプだが、久しぶりに起動して接続がUSB2だったことに気づいた。1Gとか2GB程度ならあまり気にならないが、TB規模のデータをUSB2で転送するとさすがに時間がかかった。しかも最初期のデータは圧縮せずにバラのBMPのままで保存していたのでさらに時間を食う事に。

そんなこんなで土日一杯かかって何とかデータ移送を完了。フォルダ名も適当だったのを統一して見やすくなった。残念な事に画像データが1枚だけ破損していたが、本編とは関係ないページなのは不幸中の幸いであった。

さて折角整理したので、いくつかの作品を高解像度版に作り直そうとファイルをチェックしてみると、筋汚れが入ったままスキャンしているデータがあって一からスキャンし直したくなった。もちろん原本はとうの昔に処分しているが、まだまだ古本屋の100円コーナーでよく見かけるので今度仕入れてこよう。なんか泥沼っぽいけど。